精神科医が理想の職場へ転職するためには


2017年11月17日 16:56


精神疾患や認知症患者が今後も増加すると予測されている中、他の科から精神科や心療内科への転科を志す医師の方も増えています。
超高齢社会、そして2040年頃まで高齢者が増え続ける現状を考えると、精神科はこれからの将来、大変有望な診療科目であると言っても過言ではありません。

さて、今まさに精神科また心療内科医として活躍されている医師の方の中には「今の年収では不満だ」「忙しすぎて大変。
もっとプライベートを大切にしたい」など、職場に対して何らかの不満を抱えている方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな時に最適な手段が転職です。
精神科は多くの患者から求められている診療科目ですので求人も多く、不満を解消するために転職を検討する事は至極真っ当な判断と言えるでしょう。

もし転職を考えているのであれば、医師専門の転職サイトを利用するのがお勧めです。
その理由をまとめていますので、是非参考にしてください。

コンサルタントによるアドバイス

医師が転職する時に戸惑うのが、「どのように転職先を探せばいいのか分からない」という点ではないでしょうか。

現在、精神科医の活躍の場は病院、クリニックだけではなく、保健所や保健センターなど多様です。
保健所勤務の場合は地方公務員としての身分が保証されますので、安定した収入や将来性が約束されたも同然です。

また、近年では精神科医が訪問診療を行うケースもあり、狭い病院の中で仕事をするのが苦手な医師は訪問系の仕事を選ぶのも選択肢の一つとなるでしょう。

インターネット上の医師転職サイトを使うメリットとしては、多くの求人情報から希望に合った最適な求人、理想の職場を見つけられる点です。
中には専属のコンサルタントが選んで紹介してくれるサービスもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

コンサルタントを利用すれば忙しい医師でも就活がしやすく、非公開求人も多数紹介してもらえます。
「こんなに良い条件の職場があるのか?」と驚かれる医師の方も多いとか。

さらに職務経歴書や履歴書の書き方指導やアドバイス、面接時の注意点など細かい部分をフォローしてくれるのもコンサルタントの利点
場合によっては面接に同席してくれる事もあり、大変心強い味方なのです。

魅力の非公開求人とは

一般的な求人は転職サイトですぐにチェック出来るように完全に公開されています。
ところが非公開求人はその名の通り、サイト上で一切公開されていません。
有名病院の求人や条件の良い求人は、希望者が殺到するため非公開求人にされることが多いのです。

これら優良求人は求人サイトに登録しなければ紹介してくれませんので、優良求人を探したいならまずは会員登録を。
コンサルタントとヒアリングを行い、どのような条件を優先させるかをハッキリと示した後に、はじめて求人を紹介してもらう流れになります。